北海道産豆の紹介

北海道で生産されている豆の紹介とそれぞれの豆が主に生産されている地域をご紹介します。

知りたい豆の種類をクリックしてね!
小豆 大納言 金時 大手亡 中長うずら 大福 花豆 とら豆 えん豆 黒大豆 大豆

小豆(あずき)

小豆(あずき)

「あずき」または「しょうず」とも読みます。あんの原料。和菓子や赤飯、汁粉などに使用されます。豆の煮方はこちら

大納言(だいなごん)

大納言(だいなごん)

小豆の一種で大粒系。主に甘納豆や和菓子などに使用されます。

金時(きんとき)

金時(きんとき)

煮豆や甘納豆に多く使用されますが、最近ではサラダやスープにも使われています。大正金時に代表される赤い豆ですが、一部白系の品種もあります。豆の煮方はこちら

大手亡(おおてぼう)

大手亡(おおてぼう)

きれいな白色の豆で大半が白餡に使用されます。

中長うずら(ちゅうながうずら)

中長うずら(ちゅうながうずら)

鶉の卵に似た斑紋が特徴的な豆です。煮豆や甘納豆、羊羹などに使用されます。

大福(おおふく)

大福(おおふく)

白いんげんの一つ。甘納豆や煮豆、和菓子やきんとんなどに使用されます。

花豆(はなまめ)

花豆(はなまめ)

白花豆しろはなまめ紫花豆むらさきはなまめがあります。大粒で主に煮豆や甘納豆に使用されています。

とら豆(とらまめ)

とら豆(とらまめ)

半面に薄茶色の模様があることから虎豆とらまめとよばれます。煮豆の王様ともよばれています。

えん豆(えんどう)

えん豆(えんどう)

青えん豆は煮豆や甘納豆に、赤えん豆はみつ豆や豆大福、落雁らくがんなどに使用されています。

黒大豆(くろだいず)

黒大豆(くろだいず)

黒豆くろまめともよびます。煮豆の他にきな粉、お茶などの飲料にと様々な食べ方があります。

大豆(だいず)

大豆(だいず)

古くから良質なタンパク質に富み、近年ではイソフラボン効果が注目されている食材として広く知られています。
豆腐や納豆、煮豆、豆乳など日本人の食卓には欠かせない作物です。豆の煮方はこちら



作付面積         平成28年産ホクレン調べ

  • 十勝とかち

    北海道産小豆の約半分がココ十勝なんだ。たい焼き屋さんなどで「十勝産小豆使用」と書かれているのは、ここで生産されている小豆なんだよ。


  • 後志しりべし

    スキーで有名なニセコ町の周辺で生産されているよ。きれいな水と空気で育った小豆は風味が抜群なんだ。


  • オホーツク     

    世界自然遺産の知床に近く、北海道らしい自然豊かな場所がたくさんあるよ。涼しい気候の中で、じっくり時間をかけて育った小豆が作られているんだ。

作付面積         平成28年産ホクレン調べ

  • 十勝とかち

    十勝といえば小豆だけど実は大納言も作られているんだよ。十勝の中でも本別町で多く生産されているんだ。


  • 石狩いしかり

    北海道の玄関口である千歳空港の周辺や、札幌近郊でも生産されているんだ。

  • 渡島・檜山おしま・ひやま

    北海道の一番南。函館のある渡島・檜山地区で最も多く生産されているよ。


作付面積         平成28年産ホクレン調べ

  • 十勝とかち

    一般に煮豆と言われるほとんどが、この金時豆なのだ。十勝の生産量は北海道の8割を占めているんだよ。


  • オホーツク     

    空港のある大空町女満別地区や美幌町の周辺でも金時の生産がされているよ。


  • 上川かみかわ

    どの産地よりも早く、新穀をみんなに届けてるよ。

作付面積         平成28年産ホクレン調べ

  • 十勝とかち

    名前を聞いてもピンとこないけど、主に白餡として『たい焼き』や『大判焼き』になるよ。大手亡も北海道の8割は十勝で生産しているんだ!


  • オホーツク     

    だけど、十勝だけじゃない。上川地区やオホーツクでも手亡は生産されているよ。

  • 上川かみかわ

作付面積         平成28年産ホクレン調べ

  • 十勝とかち

    金時よりもだいぶ面積は少ないけど、やっぱり十勝が一番多いんだ。


  • 石狩いしかり

    千歳空港近くで作られているよ。


作付面積         平成28年産ホクレン調べ

  • 胆振いぶり

    白いん元の大福は、温泉地で有名な洞爺湖とうやこの周りでたくさん生産されているんだ。


  • オホーツク     

    その次に多いのは北見きたみ留辺蘂るべしべ町だよ。


作付面積         平成28年産ホクレン調べ

  • オホーツク     

    高級菓子や煮豆に使われる粒の大きな花豆は、北見きたみ留辺蘂るべしべ町で生産されているんだよ。


  • 十勝とかち

    その次に多いのは十勝なんだよ。


作付面積         平成28年産ホクレン調べ

  • 胆振いぶり

    煮豆の王様と言われている虎豆は、洞爺湖とうやこの周りでたくさん生産されているんだ。


  • オホーツク     

    その次に多いのは北見きたみ市の近く、訓子府くんねっぷ町周辺だよ。


作付面積         平成28年産ホクレン調べ

  • 上川かみかわ

    広い北海道でも主に上川のみで生産され、日本全国に届けているんだ。ラベンダーの花が終わったら、えん豆の収穫が始まるんだよ。


作付面積         平成28年産ホクレン調べ

  • 上川かみかわ

    旭山動物園で有名な旭川あさひかわ市。周囲には黒大豆の畑がいっぱい!


  • 渡島・檜山おしま・ひやま

    おせちに使われる黒豆の原料は、実はこの地区の生産が一番多いんだよ。


  • 十勝とかち

    十勝は、帯広おびひろ市の周辺で多く生産されているよ。


作付面積         平成28年産ホクレン調べ

  • 十勝とかち

    小豆や金時ほどではないけれど、十勝では大豆もたくさん生産されているんだね。

  • 空知そらち

    北海道第1位の米どころである空知では、大豆もたくさん生産されているんだね。


  • 上川かみかわ

    上川は、北の方でも南の方でもいっぱい生産されているよ。